会員情報2018.11.02

理事会案内

会員情報2018.10.01

総会・懇親会案内

会員情報2018.10.01

理事会案内

外壁剥落防止協会とは

高級感を感じさせる意匠性と、耐久性やメンテナンス性に優れていることから、人気があるタイル張り仕上げ外壁。最近では、タイルの部分的な剥落事故が多数報告されています。事故の発生状況をみると「直張り工法」で施工されたタイル張り仕上げ外壁が目立ち、早急な事故防止対策の必要性が叫ばれています。タイルの剥落事故につながる要因にタイルの浮きがありますが、「直張り工法」の浮き補修には有効的な補修方法がありませんでした。そこで、「直張り工法」の浮きやはらみを修繕する目的で「ビスクランプ注入工法」と「ホールドビスクランプ工法」を研究開発。この画期的な工法を普及し、重大事故につながるタイルの剥落事故を未然に防ぐため当協会が発足しました。全国の外壁補修・改修工事の専門業者が専門知識と技術を集結させ、社会ニーズに応える工法機能とコストダウンを実現。業界初となる10年間の長期剥落保証も可能にしています。当協会では、時代をリードする革新的で高品質な施工サービスの提供により、タイル落下事故のない安全な社会を目指していきます。

ごあいさつ

お客さまと施工現場の声から生まれました。

外壁剥落防止協会の誕生は、従来工法の問題点を原点から見直し、タイル仕上げ外壁材の未来に無限の可能性を拓くことから始まりました。テーマは大きく2つ。
ひとつは、現在もっとも多く施工されている直張り工法でのタイル仕上げ外壁補修の弱点を克服しながら、美しい仕上がりを実現すること。ふたつめは、施工ニーズを叶えるため、材料・施工性・価格体制を追求することでした。
その結果、当協会が発売する外壁の浮き補修工法「ビスクランプ注入工法」と「ホールドビスクランプ工法」のふたつの技術が生まれました。外壁補修・改修の専門家たちが認めたこの革新的な技術は市場ニーズを確実に捉えることに成功しています。さらにわたしたちは、この技術の自律的な普及に向け、全国5つの支部の施工業者が手に手を取り合い動き出しました。わたしたちの挑戦ははじまったばかりです。この動きが社会にとっても有益なものになるように全力で取り組んでいきます。

会長 片山 丹

協会概要

外壁剥離防止協会
所在大阪市西区新町1-32-16 TOPビル4F
連絡TEL 06-6539-0201 FAX 06-6539-0241
2017年8月28日
会 長:片山 丹  副会長:佐伯忠雄
副会長:真田利昭  理 事:稲津一也
理 事:鬼塚龍彦  理 事:末綱威夫
理 事:内藤弘毅  理 事:野村太一郎
理 事:諸橋茂一  監 事:土川敏朗
監 事:辻本義勝
組合員数52社 ※2018年5月現在
事業項目1.新技術・施工技術に関する研究開発
2.施工技術講習会の開催及び技術指導
3.ビスクランプ注入工法・ホールドビスクランプ注入工法の拡販ツールの充実と拡販推進
4.情報機関を利用した広告・宣伝
5.関係諸団体との交流及び情報交換
6.その他会員に必要な業務

所在地

<アクセス>大阪市地下鉄鶴見緑地線「西大橋駅」より徒歩5分

工法案内

詳しくはお電話かメールでお問い合わせください

06-6539-0201
(電話受付時間 平日9:00〜18:00)